徒然趣味ブログ

 
 

『中二病でも恋がしたい!』第12話の感想

chu2_12.jpg
現実<リアル>に抗え!
 
>バカか俺は
バカじゃないけど、傍目にはどう見ても女子高生の部屋を覗いているようにしか。

>誰?
ほんとに誰だよ。
髪の毛の長さはまあ、普段通りというか、想定通りではあるけど、
デコが出てないと凸ちゃんっぽくないですなぁ。

>凸守早苗ですぅ
美少女すぎて背筋がぞぞっとしたわ。
後輩キャラな凸守ちゃん、ありやでぇ…。

>くみん先輩が邪王真眼の伝承者に
声質までそっくりww
凸ちゃんがしょんぼりしてるのがかわいそうだったからだろうなぁ。
でも演技が上手くて何気に素質ありそう。
きびきび動くくみん先輩が新鮮すぎる。

>深サマー
さすが、いち早く卒業されたお方の言うことは含蓄があるな。

>マヤの予言によりDFM卒業
そんなつまらんことまで予言されてたまるかww
他人とは違う過去の自分のエネルギーにふっきれるシーンが素敵。
中二病から無理矢理卒業してたのは、六花ちゃんだけじゃなく、
ダークフレイムマスターそのものだったのかもしれない。
なんか今回もモリサマーがいいパスした感じだな。

>これは近くに…いるッ!
全盛期じゃないですかwwwww
闇雲にいるいる言ってたのが全部近くに六花ちゃんいてたのか。
そんな昔からのあこがれだったとは。
1話での、「悠久の時を経て…」とかはネタじゃなくて、ずっと昔から憧れてたんだよ
っていうのを中二っぽく言ったわけであって、
つまりやっぱりあのシーン告白じゃないですかー!!!

どうりで最初っから勇太になついていたわけだ。
てっきり逃避行あたりから好きになったのかなとばかり思ってましたが、
たしかにあのあたりで、尊敬から愛に変わったのかもしれないけど、
ずっとずっと前から、好きだったんですねぇ。

>うへへ、ちょっとだけ触らせろやぁ
なんて損な役回りww
オールキャストで全面協力とは。
一色捕まらなければいいけど…惚れちまうぜ。
凸ちゃん、ボディーガードつきとかやんごとない。
それはそうと泥棒に猟銃使っちゃうじーさんマジクレイジー。

>これが真のVanishment this worldだ
最終話にしてついに勇太の中二病が見られるとは。
芳忠さんの語りのおかげで良い話っぽくまとまったなー。
一見もとにもどっただけに見えるけど、
死別という現実をうけいれた上での中二病には何の問題もないはず。
むしろ今までの現実逃避のための依存じゃなくなったぶん、より中二に磨きがかあるかもしれない。
でもこれ、母親はともかく、じーさんとは和解できなさそうだな。


管理人へのメール、メッセ等は↓のアドレスへお気軽にどうぞー。
メッセンジャーについての詳細はこちら
messetochroma.gif

web拍手からもコメントいただけますよ!


 
 
Comment
  
あけましておめでとうございます。
今年もアニメ感想記事へのコメントが中心になるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

そして、去年の内にコメント入れることができませんでしたが『中二病~』完走お疲れ様でした♪

>デコが出てない凸ちゃん
美少女でしたね~(^^)
アイデンティティ喪失は寂しいですが、あの綺麗なストレートヘアの為を考えればニョルニルハンマーの封印はやむ無しかも…
お嬢様設定も萌えます♪

>きびきび動くくみん先輩
驚異的な観察力と表現力でしたねw
後輩モードの凸守に負けないくらいのインパクトでした(^^)

>深サマー
偉大なる先駆者として、今後も勇太や六花や凸守を導く存在であって欲しいですw
(結局、凸守からの師匠バレは無かったですね…)

>DFM復活
覚醒シーンは燃えました(^^)
考えてみれば第1話の勇太の“卒業”もかなり無理してる感じでしたよね…

>悠久の昔からの憧れ
最終回視聴後に第1話を部分的に観直してみましたが、なかなか感慨深かったです(^^)

>オールキャストで全面協力
一色が報われてない感じですが、一人だけ事情を正確に把握できてないっぽいので仕方ないですかね(^^;)
くみん先輩とのその後も気になりますw

>磨きがかかる中二病
逃避や停滞ではない、前向きな中二病ですよね(^^)
(元々の六花ちゃんの中二病も原動力は勇太への憧れの気持ちなので、決して後ろ向きではなかったと思ってますけど^^;)
tara #/1B8amYM 2013.01.02 Wed 01:27  [URL] [Edit]
>taraさん  
あけまして、おめでとうございます。
1日遅れですが、三が日ということでご容赦くださいw

>お嬢様設定も萌えます♪
お嬢様的にはロングになったのはイメージにぴったりですね。
言葉遣いといい、急に…。
これは落としにきてるなぁ、と思いながら見てました(笑)
否、凸ちゃんが興味があるのは六花ちゃんだけなのです。<がちゆり

>驚異的な観察力と表現力
六花ちゃんのしぐさと声色、完全再現でした。
ますますあの面々が演劇部に入部しないことが悔やまれますねw

>凸守からの師匠バレ
公私を使い分ける器用さと、中学生とは思えない頭脳明晰、
そして勘の良さをもっているのに、モリサマの正体には気づかず…
そこがまた、盲信っぽくてかわいいですね~。

>最終回視聴後に第1話を部分的に観直して
わたしもちょろっと見ましたけど、六花の心境を考えると感動ものですよね。
ただのドタバタアニメかと思ってみていましたが、
ラストあたりの伏線回収のしかたといい、超力作でありました。

本年も弊ブログはまったりアニメ感想を上げていく予定なので、
taraさんの琴線に触れるものがありましたら、今後もコメントいただければ幸いです。
クロマ #ZCZy.3M6 2013.01.02 Wed 18:45  [URL] [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://standalone.blog50.fc2.com/tb.php/2215-5d380dad
12月も下旬に入り、いよいよ最終回ラッシュの時季…今期アニメの最終話視聴第1号は『中二病でも恋がしたい!』です。 そういえば第1話も今期の視聴第1号でしたっけ(^^) 全12話
2013.01.02 01:08
 
 
最近の記事
 
最近のコメント
 
最近のトラックバック
 
カテゴリー
 
リンク
 
ブログ内検索
 
Counter

since 2006/02/07

 
動画
 
プロフィール

クロマ

Author:クロマ
NAGATO ISM 長門主義!
『NAGATO ISM』を設立
『長門同盟』とも。
活動内容不明で、団員数不明の謎の団。


(C) VIGILANTI
R18ではないですが、時々えっちなことを口走る危険があります(笑)

このブログについて(お願い)
楽しい時間をすごすために。

 
月別アーカイブ
Top
Copyright © クロマ / Designed by Paroday