徒然趣味ブログ

 公私ともに多忙につき更新停滞中。。。『少女終末旅行』観たい。
 

『ARIA』舞台探検 ~貴船神社・伏見稲荷大社 編~

先日、ブルーレイBOX化の話があったりなかったりして、
私のなかのARIA熱が再燃(といっても一度も鎮火したことはありませんが)してきたなか、
京都に行く話が浮上してきましたので、これはもう、元ネタとなった舞台をずんたかぽーんと探検せよとの、
ケットシーのお告げに相違ないと思いましたため、行ってきました。

というわけで、ファンの方には言わずもがな、
原作ARIA第1巻、Navigation04「お天気雨」(アニメ二期第5話Aパート)から。

所謂「聖地巡礼」という行為になりますが、アングルなどはとくに拘らず、(通行の妨げ禁止!)
へーここがあのARIAの素敵世界なんだ、と、ちょっと嬉しいだけの気持ちになりたいぐらいの気持ちで
撮ってきましたので写真の出来はあれですが、せっかくなのでご紹介。

 
まずは、タイトルページにもなっているこちらのシーン。
ARIA_kifune_01.jpg

ARIA_kifune_02.jpg
貴船神社の本宮へ上がるところですね。
もう少し階段をのぼって右寄りからみれば、同じ構図になるかと思います。

貴船神社(本宮、結社、奥宮)周辺は、山と川に囲まれ自然にあふれていて、静かで、もういかにもARIAのような素敵な空間です。
「川床」という、川の上にお座敷をつくって料理が食べられるようになっているのも有名です。
そして、この本宮の由緒は、高龗神、すなわち水をつかさどる神であり、まさしくウンディーネにはぴったりです。


さて、「お天気雨」本編に移りまして、以降は、伏見稲荷大社が舞台です。
p.107 「おっきな鳥居がいっぱーい!」と、p.108「こちらのお方」こと「お狐様」
ARIA_inari_01.jpg ARIA_inari_02.jpg

ARIA_inari_04.jpg ARIA_inari_03.jpg
おそらく場所的には、左側の写真が舞台かなと思います。
千本鳥居の入り口のところです。
「おっきな鳥居がいっぱーい!」のアングルで撮るにはもうちょっと下がれば撮れますが、
人が多かったのでやめておきました。気になる方はぜひ足をはこばれてみてください。割とそのままです。
お狐様の表情的には右側の写真のほうが近しく見えますね。
こちらは時系列が前後しますが、入ってすぐ、桜門の両脇に狛犬のようにお座りしています。


続いて、p.113「ぜーーんぶ真っ赤ー!」
ARIA_inari_05.jpg

ARIA_inari_06.jpg
こちらも場所的にはさきほどの、千本鳥居の入り口のところと思われます。


p.114「本当にきれい… 怖いくらい」
ARIA_inari_07.jpg

ARIA_inari_08.jpg
千本鳥居をくぐり始めると、本当に別の次元に行ってしまいそうな、不思議な赤一色の世界です。


p.115「灯里ちゃん 灯里ちゃん」灯里ちゃんが迷子になりかけるシーン。
ARIA_inari_09.jpg

ARIA_inari_10.jpg
ここもそのままですねー。
最初の大きな鳥居をしばらくくぐると、この場所にでます。
ARIAではこのあと灯里ちゃんが迷子になることを暗示していますが、
伏見稲荷大社では、左に行っても右に行っても、結局はどちらも同じ場所につながっているので大丈夫です(笑)
ただ人が多いので結果的に迷子になるかもしれませんが。


p.119 「あれ アリシアさん?」
ARIA_inari_11.jpg

ARIA_inari_12.jpg
このシーンはそっくりそのままの場所はみつけられませんでしたが、モチーフはおそらくここかなと。
先ほどの分かれ道になっている鳥居のところをもう少し進んでいった場所にあります。
このあたりから、体力勝負になってきます。


p.121~123「何だかこの道 違う世界へつながってそうですね」と同じ場所をループする灯里ちゃん
ARIA_inari_13.jpg ARIA_inari_14.jpg

ARIA_inari_15.jpg
もうちょっと左を向けば、左側のシーンとおなじアングルになりそうですね。
ここは、さきほどの雨宿りスポットからさらにさらに登ったところ。
普段運動しないので、息が上がってピントがぼけてますね。

ARIA_inari_16.jpg
ちゅーこって、リベンジ(2014.04.12)してきました。これでどーだ!(笑)


以上、舞台探検でした!

と言いたいところですが。いや、ARIA的にはそれでいいんですが、
伏見稲荷さん的にはこんなもんは序の口でして、一番上の鳥居まで全部くぐろうとすると、
のんびり歩いてだいたい片道1時間くらいでしょうか、かかります。ガチ登山でした。
元気いっぱいの修学旅行とおぼしき中学生も、時間制限もあってかさすがに一番上までは登っていない様子でした。
しかも脇道もたくさんあるので、単純に一周するだけじゃ全部は鳥居をくぐれないのです。

これはまた、来年にでも、はるばる来なさいな、ということでしょうかね。
今度は涼しい季節に、きつねうどん&お稲荷セットでほくほくしたいです。

で、今回は、~貴船神社・伏見稲荷大社 編~ とのことで、
いつかは、ヴェネツィア編も……ね。行きたい。


管理人へのメール、メッセ等は↓のアドレスへお気軽にどうぞー。
メッセンジャーについての詳細はこちら
messetochroma.gif

web拍手からもコメントいただけますよ!


 
 
Comment
ずんたかぽーん♪  
巡礼お疲れ様です(^^)

伏見稲荷は行ったことがないですが、貴船神社は以前京都に住んでいた頃(『ARIA』に出会うより前)に行きました。言われてみれば川床はARIAの世界観と親和性がありますね(^^)
和の景観もウンディーネの制服が不思議と映える!

ヴェネツィア…いつか行きたいですね~
tara #/1B8amYM 2013.05.25 Sat 10:50  [URL] [Edit]
>taraさん  
やー、疲れました。
何が疲れるって、お狐様の山頂までいこうとすると、ほんとうに時間がかかるんです。
歩幅のあわない石会談がじわりじわりと体力を削ってきます。
そういう意味ではたしかに、途中意識が異世界に招かれそうになりました。

川床はもう少し暑くなったら、避暑にもってこいだと思います。
アリシアさんと灯里ちゃんのコンビもあの素敵ポイントを利用したに違いない!

ヴェネツィアはイタリア語とは言わずとも、せめて英語ができるようになったら行きたいです。
ツアーなどではなく、のんびり行きたいところをまったり巡る旅で。
クロマ #ZCZy.3M6 2013.05.25 Sat 19:22  [URL] [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://standalone.blog50.fc2.com/tb.php/2262-57cb0020
 
 
最近の記事
 
最近のコメント
 
最近のトラックバック
 
カテゴリー
 
リンク
 
ブログ内検索
 
Counter

since 2006/02/07

 
動画
 
プロフィール

クロマ

Author:クロマ
NAGATO ISM 長門主義!
『NAGATO ISM』を設立
『長門同盟』とも。
活動内容不明で、団員数不明の謎の団。


(C) VIGILANTI
R18ではないですが、時々えっちなことを口走る危険があります(笑)

このブログについて(お願い)
楽しい時間をすごすために。

 
月別アーカイブ
Top
Copyright © クロマ / Designed by Paroday