徒然趣味ブログ

 公私ともに多忙につき更新停滞中。。。『少女終末旅行』観たい。
 

『とある科学の超電磁砲S』第13話の感想

toaru_railguns_13.jpg
ダークサイドヒロインってのもありなんじゃないですか。
 
>ツリーダイアグラムは何故壊された?
それはあんまり気にしなくていいです。
やけくそですっかり悪人面の破壊マニアになってしまわれた美琴に救いの手は…今回はなさそう。

>誘ってんのかァ?
ロリコンのくせに12歳以上に手を出すなんてどうかしてるぜ!

>銃声が鳴り響いてても誰も助けに来ない学園都市
黄泉川ジャンはどうなってんじゃん!?
って、アンチスキルも都市サイドの機関なんだっけ?

>電気量!
それベクトルじゃないですよね…。
磁界のベクトルで誘導起電力を操っている。とかんとか認識しておこう。

>生中継
わざとカメラに映る位置に誘導したのか。一通さんなりの抵抗?
でも美琴が見てたのは計算外だっただろうなぁ。
というかコミック既読組としても想定外だったけど。
シリアスやめちくりー。

>弾道が反らされているのですか?
の前に走りながら中学生の腕力で片手撃ちで当てられるのがすごすぎる。
一人目は完全に事故なんだよなぁ。
科学者のダメっぷりはもう今更というか、どうせ木原一族だろう。

>学園都市「いじめはなかった」
流石、隠蔽には定評のある学園都市。
死体を目撃したあとに割と普通に動けてる上条さんはいったいどんな精神力してんだ。

>ミサカはちゃんと死亡しましたよとミサカは報告します
部外者にそんな事言っていいんですか。
zxc741asd852qwe963とは随分アレなパスワードですな。
…とミサカは説明します。って結局説明しちゃってるし。
関係者じゃないとわかった上でしゃべるなんて、ミサカもやっぱり感情が芽生えはじめてるんですね。

>そして上条さんが動き出す
鬱回脱出!
と思ったけど、次回予告見た限りまだかもしれない。引っ張りすぎ!
 
 
Comment
  
なかなか鬱展開の底を抜けませんね…

>生中継
殺し方のグロさ以上にシチュエーションの残酷さがキツい…
美琴の無力感が伝わってくる演出がむごい…

>一人目は完全に事故
殺された側も殺し(てしまっ)た側も想定外だったんですね。
実験開始前の心なしかワクワクしてるミサカ1号が不憫…

>どうせ木原一族
あぁ、それはすごく納得できる…

>…とミサカは説明します。って結局説明
どちらかといえば拒絶的なニュアンスを込めた説明だったように感じますが、上条さんには逆効果でしたね(^^)

>鬱回脱出!
「早く来てくれー!!」(by クリリン)って心境です…ホントに(^^;)
tara #/1B8amYM 2013.07.16 Tue 22:08  [URL] [Edit]
>taraさん  
>なかなか鬱展開の底を抜けませんね…
抜けませんねー。
正直13話までにはシスターズ編は終わってるものかと思ってました。
他にも未映像化で見てみたいところがあるので、あんまり引き伸ばしはしてほしくないです。鬱展開だし、禁書でもやってますしね。

>美琴の無力感が伝わってくる演出がむごい…
あれでダークサイドに堕ちないのもタフだなぁと思います。
瞬間の目撃はしてない認識でした。

>実験開始前の心なしかワクワクしてるミサカ1号が不憫…
お互いこれから起こることがわかってない感じでしたね。
一万回も殺される記憶を共有するってのも、考えてみるとおぞましいですな。

>上条さんには逆効果でしたね(^^)
おせっかい焼きですからねー。
去り際に右端のミサカが何か喋ってるようにみえるんですが、その口の動きが、たすけて、に見えるのは偶然でしょうか。気になります。
なんにしても、上条さんはよはよ。
クロマ #ZCZy.3M6 2013.07.17 Wed 00:04  [URL] [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://standalone.blog50.fc2.com/tb.php/2283-8e037c49
 
 
最近の記事
 
最近のコメント
 
最近のトラックバック
 
カテゴリー
 
リンク
 
ブログ内検索
 
Counter

since 2006/02/07

 
動画
 
プロフィール

クロマ

Author:クロマ
NAGATO ISM 長門主義!
『NAGATO ISM』を設立
『長門同盟』とも。
活動内容不明で、団員数不明の謎の団。


(C) VIGILANTI
R18ではないですが、時々えっちなことを口走る危険があります(笑)

このブログについて(お願い)
楽しい時間をすごすために。

 
月別アーカイブ
Top
Copyright © クロマ / Designed by Paroday